家庭教師が(こっそり)教える費用・料金のウラ話

 

 

 

家庭教師って高そうだし、なんか不安・・・。

 

 

家庭教師や学習塾を検討されるご家庭が増える時期です。

 

ホームティーチャーズでも、お問い合わせや資料請求が増えております。

 

 

 

 

ところが、

 

 

「家庭教師ってなんか高そう…」

 

 

どこの家庭教師がイイのか分からない…」

 

 

「費用が不透明だし、高い教材とか買わされそう…」

 

 

などなど、家庭教師会社に対して、不安,不審と思われるご家庭も少なくありません。。。

 

 

 

 

 

 

この記事は、家庭教師選びの参考にしていただける料金や費用のウラ話

 

「家庭教師会社が言ってることなんて信用できません!」とおっしゃらず(笑)参考程度に読んでみて下さい!

 

 

 

学習塾と家庭教師の比較、学生と社会人講師の比較は、ページ最下部に関連記事へのリンクがあります♪

→ 最下部の関連記事へ移動

 

 

 

 

 

 

家庭教師の料金・費用は不透明・・・?

 

 

保護者の方が不安に感じるのは、やっぱり料金・費用の面ですよね??

 

 

他社の説明を聞かれた保護者さまから、

 

 

「家庭教師の○○さんは、ホームページにのっている料金と実際にかかる費用が4倍も変わるんです!お宅もそうなんですか?」

 

 

とか、

 

 

「月1万円で出来るって電話で聞いたのに、40万円の高額教材を買わされそうになったんです!」

 

 

というようなご相談は日常茶飯事です。

 

 

 

 

 

また、他社で家庭教師をやっていた先生からは、

 

 

「教師のレベルによって料金が変わるはずなのに、実際には同じ教師が・・・

 

 

といったことも。。。

 

 

 

 

 

料金・費用面での話が違う!は、

 

 

①安い月謝とは別で、入会時(入会後)に高額の教材費用や経費(数十万円)がかかる

 

 

②HPやパンフレットの低料金はダミー(存在しないプラン)で、実際には高いコースを勧められる

 

 

③指導料は表示通りだが、管理費・指定教師費・更新費など月謝が次々と上乗せされる

 

 

④ホームページやパンフレットに料金が一切書いていない

 

 

このいずれかです。

 

 

特に①の高額教材については、ホームページやパンフレットに、

 

学習教材を使った独自の指導法を紹介します。その場合は別途テキスト代・管理費がかかります。

 

と小さく小さく書かれていますので、よ~くご覧になってみて下さい。

 

 

 

 

確かに、安い費用を謳って集客するというのは商売の方法かもしれません。

 

 

しかし、教育という社会的責任の大きい分野の会社が、「こんなやり方で良いのだろうか・・・?」と疑問に思うようなだまし討ちがあるのが現実です。

 

 

関連記事
家庭教師+高額教材はこちらも参考に
→ 家庭教師の評判・口コミ掲示板PART3 

 

 

高額教材って必要なの?

→ 家庭教師から何十万円もする教材を勧められた・・・

 

 

 

 

 

じゃあ、ホームティーチャーズってどうなのよ?

 

 

「エラそうに言ってるけど、お宅はどうなのよ?」

ということですが、ホームティーチャーズの費用は、な~んのカラクリもなく料金ページ通りです。

 

 

高額教材、コースや教師レベルによる割増し、更新費,年会費などの上乗せといった「費用のだまし討ち」は一切ありません

 

 

初めは皆さま、「〇〇と比べて高い!」とおっしゃいます。

それはそうです、他社と違って実際にかかる費用を正直にお伝えしていますから(笑)

 

 

しかし、実際に他社のお話を聞いてみたご家庭からは、結局ホームティーチャーズの方が安かった!と言っていただけます。

 

 

 

 

もちろん、「新潟県の家庭教師の中で一番安いのか?」と聞かれれば、会社でも、個人でやってられる先生でも、安い費用でできるところはあるでしょう。

 

 

ただし、家庭教師の質費用対効果の面では満足していただける自信があります!

 

 

まずは無料体験授業を通して、教え方や指導カリキュラムを実際に見て・聞いていただき、家庭教師選びの参考にしてみて下さい!

 

無料体験授業のお問い合わせ・資料請求は、

 

おすすめの関連記事

 

 

大学生と社会人の家庭教師の比較
→  家庭教師は学生と社会人どっちがいいの?

 

 

塾,教材,家庭教師,個別の比較
→ 塾?家庭教師?自分に合った学習対策を選ぶには?

 

 

自分に合った勉強のやり方を見つけるには?
→ 勉強苦手な小,中学生必見!無料体験授業


カテゴリーリスト