【中3/高校受験】新潟県の家庭教師による高校入試過去問攻略のススメ!

 

 

 

中3受験生が高校入試過去問をやるべき理由

 

 

中3生が過去問にトライするべき理由は、

 

 

① 出題傾向がつかめる

 

② 配点から戦略が立てられる

 

③ 自分の弱点を把握できる

 

 

この3つのメリットです。

 

 

 

しかし、家庭教師として中3生を指導していると、過去問に手をつけたがらない生徒さんがいます。

 

 

新研究や整理と対策を片っ端からやっていき、「難しい問題でつまづいては、悩んでしまってやる気をなくしてしまう」という中3生が非常に多いです。

 

これって結構ムダな時間ですよ!

 

 

 

受験勉強をしていく上で、難しい問題にぶつかることはあるでしょう。

 

そんなときは、「入試で出る可能性があるのか」「自分の目標点に必要な問題なのか」をよく考えて下さい。

 

 

 

この判断をするためには、過去問を分析する必要があります!

 

 

・最近5年(できれば10年)で似たような問題が出ているかどうか

 

 

・目標点と配点と正答率から、自分にとって点数を取るべき問題かどうか

 

 

新潟県の高校入試で何度も出題されていて、自分の目標点に必要な問題であれば、時間をかけてじっくり悩んで下さい。

 

しかし、そもそも入試にあまり出ない、出たとしても自分の目標点には必要ないのであれば、深く悩む必要はありませんよね。

 

 

 

関連記事
高校入試の過去問解説
→ 家庭教師による新潟県高校入試数学の解説

 

 

受験勉強のやり方が分かる!

→ 新潟県の中3受験生に好評!無料体験

 

 

 

家庭教師のホームティーチャーズ過去問攻略プラン

 

 

例えば、Aさんの志望校への目標点が、5教科300点だとします。

 

もちろん得意苦手があるでしょうから、仮に得意な英語は70点、苦手な数学は50点を目標点としましょう。

 

 

 

さて、平成27年度の新潟県公立高校入試の数学を例に考えてみます。

 

 

全部で30問ありますが、正答率の最も高い問題が95.7%、最も低いものが1.0%です。

 

最も難しい問題は、100人に1人しか正解していません。

 

 

しかし配点は、95.7%の問題が3点、1.0%の問題が4点とほとんど変わりません。

 

95.7%の基本問題でケアレスミスして3点落とし、1.0%の難問で長時間悩んで結局点数が取れないのは、大変効率が悪いですよね!

 

 

 

ちなみに、

 

正答率が80%を超える問題だけ正解した場合、合計点は26点

 

70%を超える問題だけ正解した場合、36点

 

60%を超える問題だけ正解した場合、50点

 

50%を超える問題だけ正解した場合、60点 となります。

 

 

つまり、50点が目標のAさんは、正答率60%レベルの問題を中心に受験勉強するべきなのです!

 

 

70%以上の問題は絶対に取りこぼさない、また50~70%の問題を取るのに必要な受験勉強の計画を立てるというのが、Aさんにとって最も効率の良い受験対策です。

 

 

80%以上のやさしい問題ばかりやっていても点数は上がりませんし、30%以下の難しい問題で悩むのは時間のムダですよね?

 

 

 

 

家庭教師のホームティーチャーズでは、このような効率を重視した中3生過去問指導を行っております。

 

受験生の現状と目標から、最適な受験勉強の計画を立てていきます。

 

 

今の受験勉強に不安のある中3生は、お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

中3受験生過去問攻略指導
お問い合わせ・資料請求は


カテゴリーリスト