【幼児教育/附属小】認知発達って何?附属小受験への効果について

 

 

 

新潟県内の附属小学校受験について

 

 

新潟の家庭教師です。

 

今回は、附属小学校の受験幼児教育についてのお話です。

 

 

新潟県内で小学校受験と言えば、

 

新潟大学教育学部附属新潟小学校

新潟大学教育学部附属長岡小学校

上越教育大学附属小学校

 

の3校があります。

 

 

新潟は男女それぞれ39名ずつ、長岡上越は計70名の募集です。

 

 

選考は、健康診断・知能検査(ペーパーテスト)・集団行動観察・運動機能検査・面接などが行われます。

 

選考を通っても、適格者が募集人数を上回れば、その後に抽選が行われますので、入学には運の要素もあります。

 

 

 

また、特に重視されているのは、行動観察面接と言われています。

 

優等生な行動や受け答えだけでなく、人間性や個性も見られていますよ!

 

 

関連記事

→ 新潟県内の附属小受験について

 

 

 

 

附属小受験の準備,対策は?

 

 

では、附属小受験には、どのような準備,対策をすれば良いのでしょうか?

 

すうじや計算、時計など小学校で習う内容の先どりをすれば良いのでしょうか?

 

 

先取り教育や詰め込み学習には限界があります

 

 

私たち家庭教師ホームティーチャーズが、幼児教育で重視しているのは認知発達です。

 

認知発達とは、お子さまの感覚や感性を刺激して、想像力や論理力を養うことです。

 

 

 

 

さらに、コミュニケーション能力にもつながり、問題解決能力決断力を高めることができます。

 

 

当然、附属小の面接や口頭試問、おはなしの記憶などに大きな効果があります!

 

 

 

 

さらに、認知発達によって伸びる想像力・論理力・コミュニケーション能力・問題解決能力・決断力は、これからの大学入試や社会に出てから求められる力です。

 

つまり、附属小受験だけでなく、10年後20年後の可能性を広げることに繋がります。

 

 

 

 

ホームティーチャーズでは、カード・パズル・運筆など一般的な幼児向けレッスンの中でも、しっかりと目的を持って行うことで認知発達を促しています。

 

 

例を挙げると、迷路あそびのレッスンでは、えんぴつも指も使わずに頭の中で想像したルートをたどって、ゴールを目指してもらうことがあります。

 

迷路全体に視野を広げて、論理的に正解を探すトレーニングになりますよ。

 

 

 

 

ただ単に教材を購入して、親子で進める場合とは全く効果が異なります!

 

 

また、幼児教室や学習塾では難しい、お子さま一人ひとりに合わせたきめ細かいレッスンが可能です。

 

ご希望があれば、保護者への様々なアドバイスも行っております。

 

 

くわしい指導内容は、実際に体験レッスンを行っておりますのでお問い合わせ下さい。

 

 

 

幼児向け英語・英会話レッスンも人気♪


カテゴリーリスト