【新潟/高校入試】新潟県公立高校出題傾向・受験勉強のポイントまとめ②

 

 

 

家庭教師が分析!新潟県公立高校入試傾向

 

 

新潟の家庭教師です。

 

 

前回は、新潟県公立高校入試国語・数学の出題傾向と受験勉強のポイントをお伝えしましたね。

 

今回は、残りの3教科英語・理科・社会についてまとめていきます。

 

 

中3受験生のみなさん、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

 

  1. 国語
  2. 数学
  3. 英語
  4. 理科
  5. 社会
  6. 過去問を使った受験勉強法

 

 

 

↓新潟県公立高校入情報 無料進呈中♪

 

 

新潟県公立高校入試・英語のポイントは?

 

 

各教科とも定期テストに向けた勉強法と、高校入試に向けた受験勉強とは異なります。

 

特に英語は、入試5教科の中で最も勉強のやり方と内容を変えなければなりません!

 

 

 

 

具体的に、定期テストでは教科書に出てくる新出単語や文法を覚えて、教科書の例文に近い英文の和訳や、疑問文や否定文などの書きかえが出来ることが大切。

 

また、教科書本文の要旨や英文の並べ替えが出来れば十分です。

 

 

 

しかし、新潟県の高校入試では、上のような単語・文法を基礎として、リスニング・対話文読解・条件英作文・長文読解という一段レベルの高い英語の力が必要です。

 

 

基礎基本の土台を作り上げながら、それぞれの問題の練習をしていく以外に近道はありません。

 

家庭教師指導でも、まずは土台作りからです。

 

 

 

 

特にポイントとなるのは、[1]のリスニング[4]の長文読解です。

 

 

[1]リスニングは30点以上の配点がありますので、国語の漢字、数学の小問と同じように点数の稼ぎどころです。

 

多くの練習問題をこなし、耳を慣らすこと、メモの取り方を身につけることを意識しましょう!

 

 

 

[4]の長文読解はとにかく練習あるのみ!

 

長文を速く,正確に読むことに慣れるしかありません。

数多くの初見長文問題をこなしましょう。

 

 

 

関連記事
長文問題の力をつけるためのポイント
→ 英語の長文を素早く読むための3つのポイント

 

 

 

 

 

理科

 

 

物理・化学・生物・地学の各分野から大問2題ずつ、バランスよく出題されます。

 

 

出題形式としては、用語や選択肢を答える問題が減り、計算問題・作図問題・記述問題が増えている傾向です。

 

 

 

 

特に計算を必要とする問題は、平成26年度と27年度を比べると、2倍増えています。

 

 

理科=暗記教科という考えは捨てましょう

 

 

計算問題や記述問題が苦手だという中3受験生も多いですが、この2つの力をつけなければ理科の点数は伸びません。

 

立ち向かうしかありませんよ!

 

 

 

関連記事
理科の計算問題を攻略!
→ 理科の計算問題が苦手な人の勉強方法

 

 

 

 

 

社会

 

 

理科と同じで、用語や語句を答える問題が減り、文章記述問題が増え配点も高くなっています。

 

つまり、社会=暗記教科 これも過去の考えです!

 

 

分野別には、平成27年度は歴史がやや多く、公民がやや減りましたが、毎年ほぼ万遍なく出題されますのでヤマを張ることはできません

 

 

 

 

社会で高得点を狙いたい受験生は、

 

 

地図やグラフ、写真や絵に関する問題

 

用語や語句の意味を文章で説明する問題

 

事柄や出来事の理由を文章で答える問題

 

 

この3つが取り組むべき課題となります。

 

多くの問題をこなし、解答を添削してもらい、力をつけましょう。

 

 

以上、平成28年度までの公立高校入試を踏まえた、新潟県の家庭教師による出題傾向と学習のポイントでした。

 

中3受験生のみなさん、あと少しがんばりましょうね!

 

 

 

↓新潟県の高校入試情報はこちら↓



カテゴリーリスト