【新中1生/学習】予習・復習は上手にできていますか?予習編

 

 

 

新中学1年生の家庭学習

 

 

中学1年生の部活動は、5月から仮入部→正式な入部となる中学校が多いようですね。

 

特に運動部の生徒さんや、校外でスポーツをがんばっている生徒さんは、これからしばらく体力的にきついと感じることもあるでしょう。

 

 

家庭教師をしていても、中1生には疲れが目立ちます。

 

 

先輩たちに聞くと、「秋になれば体力がついて慣れる」とのこと。

 

それまでがんばりましょうね!

 

 

 

 

そして、部活動が本格的になると、家庭学習がおろそかになりがちです。。。

 

 

最低限、その日の授業の復習と明日の予習だけでもやっておきましょう。

 

とは言っても、「予習も復習もどうやっていいのかわかんないよー」という中学生も多いと思います。

 

 

今回は新中学1年生向けに、学校の授業の予習方法についてまとめます。

 

 

 

 

 

 

≪予習=難しい≫は大間違い?

 

 

家庭教師を始めた中1の生徒さんに聞いてみると、予習=難しい というイメージを持っているようですね。

 

まだ習っていないことを勉強するとなると、「頭がイイ人じゃないと、予習なんてできないよ・・・」なんて思っていませんか?

 

 

それは大間違いです!

 

 

 

実は、勉強が苦手な生徒さんほど予習が必要なんです。

 

なぜなら、予習は学校の授業を分かりやすくするためのものだからです。

 

 

 

 

中学校の授業は小学校よりもスピードが速いですよね?

 

授業で習うことが少しでも頭に入っていれば、先生の話が理解しやすくなります。

 

 

つまり予習とは、

 

☓ 「習っていないことを自分一人で勉強すること」

 

〇 「授業での理解を高めるための準備

 

です。

 

 

ですから、勉強が苦手な生徒さんほど予習が必要なんですね。

 

 

 

 

具体的な中学生の予習のやり方

 

 

予習とは、授業での理解を高めるための準備です。

学習ではなく準備と考えて下さい。

 

 

まずは、教科書を読みましょう。

 

明日習うであろうページを読んでみましょう。

 

 

意味がわからなくても、読めない単語や知らない用語があっても全然OKです。

 

読み飛ばしていって下さい。

 

 

そのかわり、分からないところには「意味が分からない」、読めないところには「読めない」と小さくメモしておくか印をつけておきましょう。

 

明日の授業中に先生が教えてくれるはずです。

 

 

(もし教えてもらえない場合は、もうすでに習っている可能性がありますので、誰かに質問するか自分で調べてみましょう)

 

 

 

 

ここで大事なことは、分かることと分からないことをしっかり区別しておくことです。

 

 

分からないところを無理に勉強しようと思わなくて大丈夫!

 

明日はそこに集中して授業を受けてみましょう。

 

 

 

基本的には授業の予習はこれだけでOKです。

 

1教科10~15分程度ですので、1時間もあれば全教科終わりますね。
思ったより簡単でしょ?

 

 

もし時間に余裕があれば、

 

ワークも眺めてみて、教科書と同じようにメモや印をつける

 

・わからない単語や用語を辞書や用語集で調べてみる

 

ここまでできたら完璧です!

 

 

ただ、余裕がなければ、残りの時間は復習にあてた方が良いでしょう。

 

次回は復習のやり方について書いていきますよ。

 

 

続きはこちら
→ 【中学生】復習の大事さと暗記のコツ

 

 

予習復習のやり方が分かる体験授業のご案内↓


カテゴリーリスト