【新潟県の新しい公立高校入試】学校独自検査について

 

 

 

新しく変わった新潟県の公立高校入試!

 

 

平成27年度以降の新潟県の公立高校入試の制度変更ですが、具体的なポイントは、

 

推薦選抜が廃止され、特色化選抜

 

一般選抜での学校独自検査導入

 

この2点です。

 

 

この記事では、上の2つの変更点について家庭教師目線で分析します♪

 

 

↓その他高校入試情報はコチラ↓

 

 

スポーツ推薦→特色化選抜について

 

 

特色化選抜は、スポーツ活動での推薦入試を引き継ぐような形です。

 

 

スポーツ活動以外では、

 

≪文化活動≫
音楽(新潟中央/音楽)
英語に関わる活動(国際情報/国際文化)

 

 

≪科学分野の活動≫
ものづくり・木工・ロボット・コンピューター・科学(新津工業/全学科)
科学(長岡/理数 柏崎/理数)
自然科学に関わる活動(国際情報/情報科学)
海洋・水産(海洋/全学科)

 

と、ごく一部の高校,生徒のみ。

 

つまり、ほとんどの中3受験生は、一般選抜で高校受験することになりました!

 

 

 

一般選抜では、調査書(内申点)と5教科の学力試験学校独自検査の3つによって合否が決まります。

 

 

それでは学校独自検査は、合格不合格にどのくらい影響するのでしょうか??

 

 

関連記事
内申点の計算方法は?
→ 高校受験に大きく関わる内申点の計算

 

 

 

 

学校独自検査の日程について

 

 

学校独自検査は、今までの主要5教科のテストの翌日に実施されます。

 

実施の有無も、内容も配点も各高校各学科によって異なります

 

 

平成29年度は、全日制76校のうち74校で実施されることが決まりました。
(実施しないのは、新潟北高校・正徳館高校の2校のみ)

 

 

学校独自検査の内容は大きく分けると、

 

筆答検査(A,Bの2種類)

 

面接(集団,個人)

 

作文(PRシート,課題作文)

 

その他(実技,日本語聞取りなど)

 

 

この中から2つを課す高校もあります。

 

 

関連記事

各高校の学校独自検査一覧

→ 2日目学校独自検査の内容と配点

 

 

 

 

各地域の上位高校(国公立大学進学を目指すレベルの高校)では筆答試験Aが多く、2番手校では筆答試験Bが行われる傾向です。

 

 

いずれの試験も、読む・聞く・書く・話すのコミュニケーション力と、ものごとを論理的に考える力が試されます。

 

 

関連記事
筆答検査A,Bについて
→ 筆答検査A,Bの実施高校・内容と対策

 

 

 

 

学校独自検査の配点と重要性

 

 

2日目の学校独自検査配点は、100点から200点の高校がほとんどです。

 

この100点,200点というのは、合格と不合格を分けるのに十分大きな点数ですよ!

 

 

 

 

例えば、調査書(内申点)と学力検査(入試本番テスト)の比重が、3:7の高校を考えてみましょう。

 

この高校では、調査書を300点に、学力検査を700点に直して受験生を評価します。

 

 

したがって、学校独自検査の配点が100点であれば、調査書の1/3、つまり中学校1年間分の成績に相当します。

200点であれば、学力検査1教科140点満点(700点の5等分)以上になります。

 

 

とにかく、学校独自検査が合格不合格を分けることが十分ありえます!

 

 

学校独自検査の配点のイメージはこちらの画像をみて下さい。

 

 

筆答検査や作文で求められる思考や記述の力は、すぐに身につくものではありません

 

中3生のみなさん、早めに準備していきましょう!

 

 

関連記事
筆答検査A,Bの内容について
→ 筆答検査A,Bの実施高校・内容と対策

 

 

新潟県の高校入試に強い家庭教師?


カテゴリーリスト