【2017/平成29年度】新潟県の中等教育学校入試選抜結果について

 

 

 

平成29年度中等教育学校選抜結果

 

 

家庭教師のホームティーチャーズです。

新潟県内の中等教育学校、入学者選抜結果や倍率は以下の通り。

 

 

村上中等教育学校(定員80名)

受験者数 135名

倍率 1.69倍

合格者 83名

 

 

柏崎翔洋中等教育学校(定員80名)

受験者数 69名

倍率 0.86倍

合格者 69名

 

 

燕中等教育学校(定員80名)

受験者数 110名

倍率 1.38倍

合格者 80名

 

 

津南中等教育学校(定員80名)

受験者数 70名

倍率 0.88倍

合格者 70名

 

 

直江津中等教育学校(定員120名)

受験者数 175名

倍率 1.46倍

合格者 122名

 

 

佐渡中等教育学校(定員80名)

受験者数 44名

倍率 0.55倍

合格者 44名

 

 

高志中等教育学校(定員120名)

受験者数 183名

倍率 1.53倍

合格者 未発表

 

 

阿賀黎明中学校(定員80名)

受験者数 6名

倍率 0.08倍

合格者 6名

 

 

※高志中等教育学校は新潟市立

※阿賀黎明中学校は併設型の中高一貫校

 

 

 

高倍率と定員割れが、学校によってハッキリ分かれました。

 

阿賀黎明中学校は、入学者6名という状況で、来年度から募集停止となるようです。

 

 

 

 

中等教育学校に受験勉強は必要ない?

 

 

中等教育学校は、公立の中高一貫校です。

 

経済的な負担少なく、大学入試に向けた一貫教育が受けられるのがメリットですよね!

 

 

 

入学者選考では、作文グループ活動面接(高志のみ 作文,適性検査,面接)が行われます。

 

学力テストがありませんので、準備せずに受験されるご家庭も少なくないようです。

 

 

しかし、入学したは良いものの速い授業多量の課題についていけなくなる生徒さんが多いのも事実。

 

 

中学3年分の学習を約2年半、高校3年分を約2年半で終わらせて、残りの1年を受験勉強に充てるのですから、進度も課題もハイレベル,ハイスピードです。

 

 

 

 

ですから、小学生のうちに準備が必要です。

 

 

入学後についていけるように基礎学力を高めておく

 

 

アドバンテージが持てるように英語を先取り学習しておく

 

 

課題をこなせるように家庭学習の習慣を作っておく

 

 

入試テストがなくとも、こういった取り組みが、入学後に、6年後の大学受験時に活きてくるでしょう。

 

 

家庭教師のホームティーチャーズでは、一人ひとりの状況に合わせた中等教育学校への受験準備,入学準備が可能です。

 

面接や作文の練習ももちろんですが、上に挙げた基礎学力,英語予習,学習習慣にも力を入れた指導で、小学生のみなさんをサポートしております。

 

 

体験授業も行っておりますので、お気軽にご利用下さい♪

 

 

↓料金やプランのご質問は↓

関連記事

新潟県内の中学受験はおまかせ♪

→ ホームティーチャーズの中学受験対策

 

 

中高一貫校のメリット?

→ 中高一貫にむいている子?いない子?


カテゴリーリスト