【中学生/テスト勉強】成績の上がるテスト勉強の3ステップ?

 

 

 

成績を上げたい中学生さんへ

 

 

定期テストでも、受験勉強でも、成績が上がるかどうかはやり方しだいです!

 

 

学習時間や使う教材が同じでも、勉強のやり方によって大きく変わります。

 

 

 

 

新潟県の家庭教師です。

 

やり方といっても、特別難しいことではありません。

 

 

例えば、スクールポストさんの記事にこうありました。

 

 

3ステップで伸びる!定期テストの正しい勉強手順

 

ステップ1 でるものを知る

 

ステップ2 できないを知る

 

ステップ3 できないをなくす

 

 

引用元:http://school-post.com/hint/teikitest140203_1.html

 

 

 

 

とてもシンプルでよすね~

 

シンプルで効果がありますが、なかなか実践できていない中学生さんが多いのが事実です。

 

 

家庭教師をしていて気づくのは、何らかの理由で「できない」「やらない」ことが成績が下がる原因ということ。

 

家庭教師指導の中でも、できるだけ実践してもらっていますよ♪

 

 

 

この記事では、3ステップを具体的に解説します。

 

この手順を理解して、テスト勉強で実行できれば、必ず成績アップにつながります!

 

 

 

 

↓勉強のやり方がつかめる無料体験↓

 

 

ステップ1:先生からのヒント「でるものを知る」

 

 

もしも、テスト前に問題用紙が手に入れば、徹底的に覚えて点数を上げることは簡単ですよね?

 

ミスが無ければ、100点も夢じゃありません。

 

 

中学校の定期テストは、基本的に中学校の先生が作ります。

 

もちろん事前に問題用紙を手に入れることは不可能ですが、実は先生からヒントがたくさん出ているのです。

 

 

そのヒントを基にして、テスト勉強の計画を組み立てていくことが、ステップ1「でるものを知る」ということ。

 

 

ヤマを張るのとはちょっと違いますよ。

 

出る可能性の高いところを何度も練習し、可能性の低いところは余裕があればやっておく程度の方が、効率が良いと思いませんか?

 

 

 

それでは、ヒントはどのように出ているのでしょう?

 

 

上でご紹介したスクールポストさんの記事では、2つ紹介されています。

 

 

テスト範囲表

 

授業中のサイン

 

 

②については、みなさんもよく知っているかと思います。

 

授業中に先生の話をしっかり聞いていれば、「ここテストに出ますよ~」とか「ここは大事ですよ~」のサインが出ていますよね。

 

 

ですから、板書を写すことよりも、先生が出すサインに集中しましょう!

 

板書だけでなく、先生からのサインをノートにメモしておくことが重要です。

 

 

関連記事
板書を写す危険性?
→ 成績が上がるノートの取り方1

 

 

 

 

①については、あまり気にしない生徒さんが多いですが、テスト範囲表はかなりのヒントです!

 

 

教科書やワークのページ数はもちろんですが、大事な単元注意点などが書いてある場合があります。

 

 

範囲表が配られたらその日のうちに目を通し、教科書の該当ページやワーク・プリントを確認しておくだけでも、「でるもの」が掴みやすくなるので実践してみましょう!

 

家庭教師指導でも、実践してもらいます。

 

 

関連記事
いつからテスト勉強したらいいの?
→ テスト勉強のやり方と理想の期間

 

 

 

 

次回は、ステップ2「できないを知る」 3「できないをなくす」について解説します。

 

続きはこちら!
→ できない問題をできるようにすることがテスト勉強!

 

 

 

 

正しいテスト勉強のやり方が無料で分かるチャンス!

 

 

・がんばっているつもりなのに点数が上がらない

 

・どうやってテスト勉強していいのか、やり方が知りたい

 

・自己流の勉強方法が正しいのか分からない

 

 

 

 

このような新潟県内の中学生さんに、自分に合った正しいテスト勉強のやり方が分かる無料体験授業のご案内です。

 

入会の有無に関わらず、定期的に行っておりますので、ぜひお気軽にご利用下さい!

 

 

↓体験授業のご案内はこちら↓


カテゴリーリスト