【新潟県/高校受験】ゼロから学ぶ新潟県公立高校入試のキホン情報

 

 

 

新潟県公立高校入試キホン情報

 

 

「受験生になるのに高校入試のことが何も分からない・・・。」という中学3年生さんや保護者さまはいませんか?

 

今回は、新潟県内の公立高校入試のしくみについて、ゼロから分かりやすくご説明いたします♪

 

 

 

中3受験生だけでなく、中学1,2年生やその親御さまにも分かりやすい内容を心がけました。

 

「そんな当たり前のこと知ってるよ!」とおっしゃらずに最後までご覧いただければ幸いです!

 

 

▼目次

  1. 新潟県の高校入試は変わりました!
  2. 高校受験の合否判定方法
  3. 倍率はどのくらい?
  4. 高校入試情報を手に入れよう♪

 

 

 

↓その他入試情報はコチラ↓

 

 

H27から変わった新潟県公立高校入試

 

 

平成26年度までの公立高校受験には3つの方法がありました。

 

推薦入試・一般入試・2次募集です。

 

 

推薦入試には、一般推薦と特別推薦(主にスポーツ)があり、一般推薦の場合は、調査書(中学校の成績等)と面接、課題作文(または自己PRカード)のみで合否が決まりました。

 

つまり、H26以前の推薦入試では学力試験がありませんでした

 

 

 

 

ところが、全国的な推薦入試廃止の流れがあり、新潟県でも1倍以下の志願倍率が続いていたため、平成27年度から一般推薦入試は廃止となりました。

 

特別推薦の代わりに、スポーツやその他で秀でた実績を上げたごく一部の中学3年生を対象として、特色化選抜という新しい入試が始まりました。

 

 

また、2次募集はあくまでも定員割れの高校・学科が対象ですので、平成27年度以降は高校入試と言えば一般入試のことを指します。

 

 

つまり、行きたい高校へ進学するためには、ほとんどの受験生が3月の一般入試を勝ち抜かなくてはなりません!

 

 

 

一般入試は3月10日前後に実施されます。

 

どのように合格者を決めるのでしょうか?

 

また、公立高校の受験倍率はどのくらいなのでしょうか?

 

目次に戻る

 

 

新潟県公立高校一般入試の合否判定

 

 

平成26年度までは、調査書学力検査の2つで合否が決まりました。

 

 

調査書とは、中学校3年間の成績(内申点)と行動(部活動や委員会、出欠など)を記入したもの。

 

成績は学年ごと、教科ごとに5段階評価されます。

(1年間分の通知表だと考えて下さい)

 

 

教科は、国社理数英の主要5教科だけでなく、体育,技術家庭なども含めた合計9教科です。

 

つまり、音楽や美術のテストも高校入試に関わりますよ!

 

 

 

内申点は、5段階評価×9教科×3学年=135点満点

 

たとえば、三年間オール4の生徒さんは、評価4×9教科×3学年=108点 が内申点として調査書に書かれます。

 

 

中1の始めの定期テストから高校入試の合格判定は始まっています!

 

 

学力検査は、主要5教科(国社数理英)各100点合計500点満点のテスト。

 

どの高校を受験する場合も問題は共通で、平均点は各教科毎年50点ほど。

 

 

内申点と学力検査を1000点満点に換算し、各高校各学科よって、3:7や5:5などの比率で合計して評価します。

 

 

 

さらに平成27年度の入試から「学校独自検査」という新しい試験の導入が決まりました。

 

9割以上の公立高校で実施されています。

 

 

これによりほとんどの高校では、調査書(内申点)+学力検査+独自検査の3つの合計点で合否を判定することになります。

 

 

関連記事

学校独自検査について
→ 学校独自検査って何だろう?

 

 

 

↓新潟県の高校受験に強い家庭教師↓

 

目次に戻る

 

 

新潟県公立高校入試の倍率は?

 

 

昨年度の全日制高校の倍率は約1.06倍。

 

しかし、高倍率と定員割れの高校に分かれる傾向で、人気校に限れば1.30倍ほどになります!

 

 

少子化とはいえ、シビアな受験戦争。

 

「行けるところでいいや~」なんて言ってると、かなり限られてしまいます!

 

 

関連記事

各高校の倍率はこちら
→ 新潟県公立高校入試募集人数と倍率

 

目次に戻る

 

 

高校入試情報を手に入れよう♪

 

 

新潟県の公立高校入試は、制度も傾向も大きく変わっています。

 

 

まずは入試情報を知ることが高校受験のスタート。

 

新潟県の高校入試を正しく知って、行きたい高校へ進みましょう!

 

 

↓情報収集にはこちらご利用下さい

 


カテゴリーリスト