【中学生/復習】定期テストにむけた復習のタイミング|新潟市の家庭教師ホームティーチャーズ

 
   

勉強したはずなのに、テストで出来ない?



   
中学生の家庭学習の基本は、学校の授業の予習と復習です。

   

   
授業の前に教科書やワークを読んでおく
   

   
・授業後にノートを整理して、似た問題をやってみる
   

   
これだけでも十分効果があります。
   

   

   
一方、テスト前は習ったことを思い出したり、ワークやプリントで問題演習をすることになりますが、
   
「一度やったはずの問題がテストで出来ない・・・」という中学生の生徒さんが多いようです。
   

   

   
boy_shock.png
   

   

   
このような生徒さんは「復習」が足りていません。
   
反復練習を全くしていなかったり、復習のやり方が分からない生徒さんもいます。
   

   

   
テスト本番で全く同じ問題を間違えてしまった経験のある生徒さんは、下の方法を参考にしてみて下さい!
   

   


   

   

成績を上げる復習のタイミングについて

   

   

テストまで残り3週間ほどあるとして、
英単語の意味とつづりを10個覚えたとしましょう。
   

   
当然このままでは忘れてしまうので復習をしますが、重要なのはそのタイミングです。
   

   



まずは2日後。
   

その次は今日から5日後。

   
次は今日から10日後。

   
最後はテスト直前の3週間後。
   
復習のタイミング.jpg
   

   

このように少しずつ間隔を空けながら、覚えているかどうか確認します。
   

   
多少期間がずれてもかまいませんが、ポイントは次の復習までの期間を少しずつ延ばすこと。
   


jyugyou_fukei.png

   
このように進めていくと、テストが近づくにつれ、復習する時間の割合が増えていきます
   

   

   
例えば、1日2時間のテスト勉強の中で、

   
新しい内容70分、今日の復習15分
2日前の復習5分
5日前の復習5分
10日前の復習10分
3週間前の復習15分

という時間配分が理想的です。

   

   

   

   
同じ内容を間をあけて反復することで、記憶が定着します
   

   
「せっかく勉強したのにテストで出来なかった・・・」はかなり減るでしょう。


新しい内容が一つ終わるたびに、次は何日と何日にやり直すというメモを
ノートに書き込んでいくと良いです。
   
テスト前はカレンダー形式にまとめると確実です。
   

   

慣れるまでは大変ですが、日々記録をとってノートをめくっていくことでテスト勉強が楽になり、達成感も生まれますよ!


chara02.png
気になる記事はLINEで送ろう!
   
 
 

↓体験授業のくわしい内容はこちら↓

taiken.png

お問い合わせ・資料請求はこちら

電話:0800-800-9611(フリーコール)

(13:00~21:00 日祝除く)

資料請求フォームはこちら

→ ホームページから資料請求する

(質問欄に学年や志望校なども記入願います)