【大手/向陵/国情】中越地区で3つの高校を目指す、受験生の勉強法

こんにちは!

新潟県の社会人家庭教師、

ホームティーチャーズです。

 

受験まで残り数か月。

このラストスパートで点数をあげていくかが重要になってきます。

 

・・・とは言え、がむしゃらに学習をすればよいものではありませんね。

情報を武器に、しっかりと打ち勝っていく必要があります。

 

今回は長岡市にお住まい、かつ進学校をお考えの中学生さんに向けて、受験対策の心構えをお伝えします。

 

勉強そのものの内容ではありませんが、長岡市の受験校決定の参考にしてみてください。

 

1.【長岡市】偏差値55~60の選択肢は?

2. 基礎は空き時間に!効率よく対策を進めよう

3. ラストスパートは塾×家庭教師という方も。

4. まだ間に合う?体験学習のススメ

 

1. 長岡市、あなたの勉強レベルにあった高校は?

 

今回は定期テストで420点~450点前後の方に人気の高校を、何個かピックアップして説明しましょう。

 

 

・長岡大手高校 普通科 偏差値目安 58

・長岡向陵高校 普通科 偏差値目安 56

・国際情報高校 国際文化/情報科学科

 偏差値目安 60

 

代表的な3校ですね。

 

ただこの偏差値~59の生徒さんは、秋から冬にかけてに意識してほしいポイントがあります!

 

それは、この時期から偏差値60以上の生徒さんが一部「志望校を変更してこの3校に流れてくる」という点です。

 

今の点数で安全圏に入っている方は、気を引き締めて+30分以上の学習をすることで、第一志望校での順位をキープすることができます。

 

2. この時期に忘れてはいけない「暗記」のやり方

 

進学校を目指す方々であれば、基礎はできで当然という流れがあるかとおもいます。

そろそろ、苦手範囲の発展問題にも取り組んでいる状態ではないでしょうか。

 

そんな皆様にとって落とし穴になるのが、「春に覚えた基礎が抜けてくる」という点。

 

【暗記物は基本暗記カードで】

 

理科や社会、数学の公式、英単語など・・・

やることが多い受験シーズン、これら全てを机の上で思い出す必要はありません。

 

効率よく、空き時間にパラパラとめくれる暗記カードを活用しましょう。

 

※まだ作っていない方は、時間をきめ11月中には完成させましょう。

 

日々基礎を思い出しながら、発展問題を机で解く。

この基礎と発展のバランスが、進学校合格のコツです。

 

基礎のマスターだけでは、上記3校への合格率は下がります。

 

高校に入ってから「一気にレベルが上がった」と悩まれることもあるでしょう。

 

発展・応用を解く時間を「机で」極力確保するための工夫が必要となります。

 

3.最近増えている、塾との併用

 

受験生の塾と家庭教師では、目的が違います。

 

塾の場合は、「誰しもが覚えるべき範囲」を、もう一度学校のように総復習をする目的で通われるケースが多くあります。

 

家庭教師は、いま「〇〇さんにはどこが足りないか」という視点で穴埋めをするので、

 

【結局わからなかった】の防止、

また受験生に必要な「ほかの受験者との差を広げる」意識の定着を目指していきます。

 

今の学力レベルに合わせて、最後数か月を併用されることで「合格に必要な1点」を手にできるかもしれませんよ。

 

 

4. 受験生こそ、体験学習で受験知識と受験意識!

 

最後に、体験学習のメリットをお教えします。

 

繰り返しお伝えするように、受験生に必要なスキルには【情報力】があります。

  • ◇受験合格の仕組み
  • ◇独自検査について
  • ◇合格ラインから見てどこにいるのか

 

などなど。

お話を聞いて、今のお子様に必要かどうかを判断できるチャンスです。

 

 

 

例年、受験生の締め切りははやくなっておりますので、

ご興味のある方はお気軽にお電話ください。

 

 

↓体験授業のご案内はこちら↓

【関連記事】

ぐんぐん分かる、暗記の方法!

1ヵ月からOK!ホームティーチャーズの指導料金

 

カテゴリーリスト