令和3年度の新潟県高校入試情報はこちら。

 

【家庭教師の料金】新潟県の家庭教師選び!料金の相場などの疑問を解決!?

Pocket
LINEで送る

 

家庭教師料金の比較をするとき、どうやってますか?

 

 

こんにちは、新潟の家庭教師ホームティーチャーズです。

 

新年度になりましたね。「勉強をがんばりたい!」「成績を上げたい!」と、

 

息巻いているお子様が多いのではないでしょうか?

 

そんなお子様を見て、塾や家庭教師の検討を始めているかと存じます。

 

もしくは、今利用している塾や家庭教師から、より成果の出る方法はないものかと切替や比較をお考えのご家庭もあるでしょう。

 

 

 

 

家庭教師や学習塾を選んだり比較する上で、気になるポイントは、

 

 

・授業や指導のタイプ

・合格実績,データ

・講師,教師の質

・知名度,会社の規模

・新潟地域密着

・生徒さんとの相性

 

 

これらを比較材料として、検討されるご家庭が多いでしょうか。

 

 

そして、親御様が気になるのが、料金や費用の相場ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

今回は、家庭教師費用の比較のお話をしていきたいと思います。

 

新潟県内で、学習塾や家庭教師の料金や相場を調べて、比較されている場合はぜひ参考にしてみてください♪

 

 

 

関連記事

その他家庭教師の比較

→ 徹底比較!家庭教師を比べよう

 

 

家庭教師の口コミや評判

→ 新潟県でオススメの家庭教師はどこ?

 

 

新潟県家庭教師派遣可能エリア
村上市・胎内市・関川村・新発田市・聖籠町・新潟市・阿賀野市・五泉市・田上町・加茂市・三条市・燕市・弥彦村・見附市・長岡市・小千谷市・柏崎市・刈羽村・上越市・妙高市・糸魚川市・魚沼市・南魚沼市・十日町市

 

 

 

 

▼目次

  1. 家庭教師は塾に比べて料金が高い?
  2. 家庭教師会社の料金システムについて
  3. 他にはどこで費用に差がつく?
  4. その他家庭教師の比較について

 

 

 

家庭教師は塾に比べて料金が高い?

 

 

学習塾と家庭教師を比べて、

 

「家庭教師の方が塾より高いなあ…」

 

こんな風に考え、感じていませんか?

 

 

事実、生徒さん一人に対して、先生一人が動きますので塾よりも人件費がかかります。

 

しかし、学習塾には管理費、教材費、更新費などの費用が継続的にかかることをご存じですか?

 

さらに、テストや受験前などの要所要所で夏期講習費、冬期講習費などの特別料金も別途発生します。

 

それらを足していくと、塾も家庭教師も年間でかかる費用はさほど変わらないのです。

 

 

 

しかも、ホームティーチャーズは、管理費、更新費、受験対策費など一切ナシ

 

 

また、他社では小学校6年生から高校3年生の間に、「受験対策料金」とか、学年による料金の変動があるようですが、

 

ホームティーチャーズは、小学校6年生から高校3年生の間は同一料金です。

 

どうぞご安心ください♪

 

 

↓料金,費用はくわしい資料で↓

 

 

 

 

家庭教師会社の料金システムについて

 

 

「家庭教師によって、授業料が大きく違うのはどうして?」

 

 

「初めに聞いていた金額と、実際にかかる費用が全く異なる!」

 

 

皆さまが家庭教師の料金や相場を調べて比較しようと思っても、なかなかうまくいかないことが多いでしょう。

 

 

残念ながら、費用のだまし討ちを行っている家庭教師会社が少なからずあります。。。

 

 

 

「電話やHPと全く話が違った」「理不尽な費用を要求された」

 

など、嫌な思いをされたご家庭からご相談を受けることも少なくありません。。。

 

 

 

 

家庭教師の料金で、「話が違う!」となるケースは、

 

 

①安い月謝とは別途で、入会時に高額な入会金がかかる

 

 

②HPやパンフレットの料金はダミーで、実際には高額なコースを勧められる

 

 

③料金は表示通りだが、管理費、受験対策費など毎月の費用が上乗せされていく

 

 

④ホームページやパンフレットに費用が一切書かれていない

 

 

このいずれかです。

 

 

こういった料金や説明書きは、ホームページやパンフレット、ぺら紙に小さく書かれており、

 

見つけづらいと聞き及んでいます。疑問を感じたら、資料をよく確認することをお勧めします。

 

 

低料金家庭教師のカラクリ?

→ こっそり教える費用のウラ話

 

 

 

 

家庭教師の料金。どこで差がつく?

 

 

ダミープランのケースを除いては、どこで料金の差が生まれるのか比べてみましょう。

 

 

例えば、大手有名家庭教師会社のようにCMや宣伝広告が多いほど、ご家庭の負担は大きくなりがちです。

 

広告宣伝には当然コストがかかりますよね。

 

広告宣伝費は、お客様へ請求する料金にそのままプラスオンされますから、

 

テレビCMや、有名キャラクターを起用して、名が知れた会社ほど、毎月の料金が高くなるのは必然でしょう。

 

 

 

 

また、学生の方が、プロの家庭教師よりも人件費や時給が安いため、授業料が安いほど学生の家庭教師の割合が高まるでしょう。

 

 

極端に費用が安い会社は、当然家庭教師の人件費を抑えるため、優秀な家庭教師が集まりにくいのではないでしょうか?

 

さらに、初めは安い料金を提示して、その後社会人家庭教師プランで高額な金額を提示する家庭教師センターもあるようです。

 

 

 

関連記事

プロの先生の料金相場

→ プロ家庭教師も追加料金ナシ!

 

 

学生と社会人比較

→ なぜ安い?大学生の家庭教師、料金カラクリ

 

 

 

 

 

もちろん、大学生の家庭教師にも、プロ家庭教師にも、メリットデメリットがあります。

 

指定教材を使う、使わないも同じです。

 

 

家庭教師会社によって、教え方や進め方は様々

 

もちろん、料金,費用も大切ですが、お子さまに合うかどうかが最も重要ではありませんか?

 

 

 

 

生徒さんに合っていない教え方や進め方では、たとえ料金が安くても高くても、効果が無いことは間違いありません!

 

相性をはじめ、性格や学力状況、目標によって、選ぶべき学習対策は変わってきます。

 

 

 

まずは、体験授業で教え方や進め方が合うかどうか、実際に確かめてみることが塾や家庭教師を選ぶ上で最も大事。

 

ぜひ、みなさんに合った学習対策を選んで成績を上げてください♪

 

 

 

無料体験授業のご案内はこちら↓

 

 

 

カテゴリーリスト