不登校のお子さまのサポート

 

 

中学生の不登校事情

 

 

友人や先輩後輩との関係

 

学校の先生との関係

 

いじめやクラス内の環境

 

勉強についていけない

 

家庭環境の変化

 

ただなんとなく学校に行けない

 

 

中学生の不登校は、様々な要因から起こります。

 

小学生では278人に1人の割合ですが、中学校に入ると37人に1人と不登校生の数はクラスに1人まで跳ね上がります。

 

 

中学入学時のいわゆる中1ギャップが大きな原因です。

 

不登校の生徒さんが通うフリースクールも増えてはいますが、まだまだ環境は整っていませんよね。

 

 

 

不登校の中学生さんの進路について

 

 

当然、親御さんも生徒さんも気になるのは、勉強の遅れや高校受験など卒業後の進路のことだと思います。

 

テストを受けていないから、内申点が低い・・・

 

高校からリスタートしたいけど、行きたい高校へは成績が足りない・・・

 

下位の私立高校だと、また人間関係や環境が心配・・・

 

など、不登校による勉強の遅れが大きくなれば、多かれ少なかれ進路は狭まってしまいますよね。

 

 

まず言えることは、苦しくてもテストだけは受けておくべきということです。

 

これには、不登校の経験がある先輩方も必ずおっしゃいます。

 

 

 

テストを受けなければ、内申点は「1」または「評価なし」となります。

 

不登校気味であまり授業を受けていなくても、提出物とテストで「3」をとった生徒さんもいましたよ!

 

 

学校や先生にもよると思いますが、テストでそれなりの点数が取れれば、「1」ということはなさそうです。

 

内申が「2」あれば、中位の公立高校までは入試本番で十分に逆転可能です
(もちろん不登校というハンディキャップはありますが、希望はあります)

 

ですから、とにかく定期テストだけは受けてもらえたらと思います!

 

 

学校や担任に相談すれば、クラス外で受けることも可能でしょう。

 

時間も場所も少しずらして、クラスメイトに会わずに受けることができる中学校もあるようです。

 

自分の未来のために、勇気を出しましょう!

 

 

 

↓資料請求はコチラ↓

 

 

不登校生の学習について

 

 

テストを受けるにしても、受験勉強するにしても、授業を受けていないことはハンディキャップになります。

 

 

いつか学校に戻ることが目標の生徒さんも、高校受験に照準を合わせている生徒さんも、いずれにしてもハンディキャップをはね返すだけの学習が必要です。

 

 

 

しかし、教科書や参考書で自分で勉強しようにも、思うように進まないでしょう。
高校生であれば可能ですが、中学生に独学は不可能です

 

 

毎月届く通信添削教材も同様です。

 

自分で調べて分かるところは問題ありませんが、全く習っていない英語や数学の解説を添削だけでまかなうことはできません。

 

 

 

学習塾でも、不登校生クラスがあるところは良いですが、通常クラスはそもそも学校の授業を受けていることが前提のカリキュラムです。

 

また、学校へ行くのが辛い生徒さんにとっては、塾へ通うことも大きな負担ですよね。

 

 

 

個別指導の学習塾や家庭教師の場合には、教える教師や講師の経験や知識が重要です。

 

学校の授業を受けていないこと、高校入試に必要な学習内容を身につけてもらうこと、これから教えることができる時間・日数の全てを計算して、最善のプランを組めるだけの経験や知識が求められます。

 

 

お子さまの個性を理解し、信頼関係を築き、勉強面の不安を少しずつ取り除いていくことが可能です。

 

不登校によって勉強や進路の不安を抱えていらっしゃる保護者の皆さま、まずはお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

カテゴリーリスト