小学生の苦手科目について

 

 

 

小学生の苦手科目と成績

 

 

小学生のころ苦手にしてしまった科目は、その後一生得意になることはないと言われます。

 

 

また、学習内容が難しくなる4年生から、苦手科目が出てくることが多いようです。

 

 

しかし、目に見えてテストの点数が下がるわけではありません。

 

小学校のテストは授業直後に行われ、基本を確認するだけなので、得意,苦手が点数に表れません。

 

つまり、小学校のテストで90点,100点取れているから得意科目だとは言い切れないのです!

 

 

 

当然ですが、放っておいて苦手な科目が無くなることはありません。

 

苦手はひっそりと虫歯のように進行し、中学,高校と進むにつれて成績が下がる原因になります。

 

 

治療よりも予防が大事?

 

 

苦手科目を虫歯に例えましたが、まず第一に虫歯にならないようにすることが大切です。

 

虫歯になってから痛い思いをして治すよりも、なる前に歯を磨いて予防していく方が何倍も楽です。

 

つまり、苦手を作らないためには、一つ一つの学習内容を本当に理解できているのかどうか丁寧なチェックが必要です!

 

(くり返しになりますが、小学校のテストにその機能はありません)

 

 

あいまいさを放っておくことから、苦手の虫歯は始まります!

 

 

中学生や高校生になり、成績が下がってから学習塾や家庭教師を始めるご家庭が多いです。

 

しかし、虫歯の治療には時間と痛みが伴いますよね。

 

苦手かどうかはっきりしなくても、少しでも不安があれば、専門家に相談してみましょう。

 

 

 

↓まずは家庭教師にご相談下さい!↓

 

もし、苦手が出てきたら・・・

 

 

それでは、苦手科目が出てきてしまった小学生のお子さまはどうすれば良いのでしょうか?

 

苦手を克服するには、学習環境の修正が必要。

 

今まで通りにやっていても、むしろ苦手は進行していくばかりです。

 

 

 

学習環境について見直すポイントは、習慣と方法です。

 

 

単に「毎日机に向かって勉強する」という習慣だけでなく、

 

分からないことがあったらどうするのか?

 

間違えたところを次回は出来るようにするためにどうするのか?

 

といった勉強に対する考え方も見直しが必要でしょう。

 

 

 

方法も同様で、闇雲ではなく

 

どのようにすれば間違いにくく、忘れにくくできるか?

 

まで考えて学習していくことが大切です。

 

 

 

小学校では同じ成績でも、このような習慣と方法を早いうちから身につけてきたお子さまは、中学,高校と学習内容が難しくなっても成績を落とすことがありません。

 

小学生からの正しい勉強の”習慣と方法”が、中学生以降の成績に大きく関わるのです!

 

 

 

ホームティーチャーズの指導

 

成績で困ってから塾や家庭教師を考えるのではなく、早いうちから正しい習慣と方法を身につけてもらい、学年が上がっても苦手教科を作らせないようにしていく

 

これがホームティーチャーズの小学生指導の理念です。

 

 

「小学生のうちは親が教えられる」とおっしゃる保護者さまもいらっしゃいます。

 

果たして、親が教えられなくなってから学習対策を考えれば良いのでしょうか?
勉強が苦手になってから塾や家庭教師を考えれば良いのでしょうか?

 

 

 

授業内容だけではなく、色々な問題,考え方,言葉に触れる。

 

分からないことがいつでも質問できて、間違えたところを適切に練習するような習慣と方法が身につく。

 

ホームティーチャーズは、小学生にとって理想的な学習環境を提供できます。

 

苦手教科の予防も治療もお任せ下さい!

 

 

↓お気軽にお問い合わせ下さい♪↓

カテゴリーリスト