【札幌市/北海道】中学受験情報ー準備と対策は?

 

札幌市の家庭教師ホームティーチャーズです♪

 

札幌および北海道の中学受験情報をまとめます。

 

中学受験をご検討中のみなさま、志望校選びや受験勉強の準備,対策の参考にご覧ください!

 

 

また、倍率など最新情報はこちらで更新いたします。

 

ぜひブックマークしておいて下さいね♪

 

 

 

▼目次

 

  1. 国立中学校
  2. 中等教育学校
  3. 私立中学校
  4. 中学受験のメリット
  5. 中学受験の準備と対策
  6. 家庭教師に出来ること
  7. 無料カウンセリング実施中

 

 

 

国立中学校

 

北海道教育大学附属札幌中学校

 

札幌市北区

男女共学

平均道コンSS61

 

選抜方法:

1次選考抽選 志願者が一定の人数に満たない場合は実施しません。

2次選考 抽選によって資格を得たもの(抽選をしない場合には志願者全員)に対して次の選考を行います。

 

筆記試験(国、算、社、理)、面接、集団活動検査

 

→ 北海道教育大学附属札幌中学校

 

 

北海道教育大学附属旭川中学校

 

旭川市

男女共学

平均道コンSS51

 

選抜方法:筆記試験(国、算、社、理)、集団面接、運動能力テスト(立ち幅跳び、長座体前屈、上体起こし、反復横跳び)

 

→ 国立大学法人 北海道教育大学 附属旭川中学校

 

 

 

北海道教育大学附属函館中学校

 

函館市

男女共学

平均道コンSS52

 

選抜方法:筆記試験(国、算、社、理)、作文(30分、300字程度)個人面接

 

→ 国立大学法人 北海道教育大学 附属函館中学校

 

 

北海道教育大学附属釧路中学校

 

釧路市

男女共学

平均道コンSS54

 

選抜方法:筆記試験(国、算、社、理)、面接、運動機能検査→(選考の合否に関係しない)

 

→ 北海道教育大学附属釧路中学校

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

中等教育学校

 

市立札幌開成中等教育学校

 

札幌市東区

男女共学

中高一貫

 

選抜方法:

1次検査 適性検査(思考力、判断力、粘り強さ、表現力、課題発見、解決力等をみる)

2次検査 グループ活動(授業形式によるグループ活動を通して集団でのコミュニケーション能力や課題探求的な学習への対応力等をみる)

 

参考倍率:4.38倍

 

→ 市立札幌開成中等教育学校

 

 

北海道登別明日中等教育学校

 

登別市

男女共学

中高一貫

 

選抜方法:作文、個人面接、実技(グループ活動を取り入れたもの)

 

参考倍率:1.6倍

→ 北海道登別明日中等教育学校 ホームページ

 

▲目次にもどる

 

 

 

 

私立中学校

 

遺愛女子中学校

 

函館市

女子

定員70名

中高一貫

平均道コンSS60

 

選抜方法(一般):筆記試験(国、算、理、社)、親子面接

 

参考倍率:2.83倍

 

→ http://www.iaijoshi-h.ed.jp/main/

 

 

札幌大谷中学校

 

札幌市東区

男女共学

定員140名

中高一貫

 

英数選抜コース 平均道コンSS59

特進・音楽・美術コース 平均道コンSS49

 

選抜方法(一般):学力試験(適正検査型、教科型)、面接、実技試験(音楽コースのみ)

1、教科型受験~英数選抜→国・算・社・理+個人面接  特進→国・算+個人面接

音美→国・算・実技+個人面接

 

2、適性検査型受検~英数選抜→適性検査+個人面接 特進→適性検査+個人面接

参考倍率:

英数選抜コース 1.86倍

特進・音楽・美術コース 1.17倍

 

→ 札幌大谷中学校・高等学校

 

 

▲目次にもどる

 

 

札幌光星中学校

 

札幌市東区

男女共学

定員105名

中高一貫

 

平均道コンSS57

 

選抜方法(一般):筆記試験(国、算、社、理)、面接(保護者同伴面接)

 

参考倍率:1.18倍

→ 札幌光星中学校・高等学校

 

 

札幌聖心女子学院中学校

 

札幌市中央区

女子

定員 ソフィアサイエンスクラス40名 グローバルクラス20名

中高一貫

 

平均道コンSS53

 

ソフィア・サイエンスクラス 選抜方法(一般):筆記試験(国、算、社、理)、面接(保護者同伴)

 

グローバルクラス 選抜方法(一般): 1)筆記試験4教科(国、算、社、理)、面接(保護者同伴)または 2)3教科(国、算、英)、面接(保護者同伴)を選択

 

参考倍率:0.96倍

 

→ http://www.spr-sacred-heart.jp/

 

 

 

 

函館白百合学園中学校

 

函館市

女子

定員70名

中高一貫

 

平均道コンSS52

 

前期一般  選抜方法(一般):筆記試験(国、算、社、理)、保護者同伴面接

 

後期一般 選抜方法(一般):筆記試験(国、算、社、理)、保護者同伴面接

 

参考倍率:2.3倍

 

→ 函館白百合学園中学高等学校

 

▲目次にもどる

 

 

 

北星学園女子中学校

 

札幌市中央区

女子

定員120名

中高一貫

 

平均道コンSS49

 

選抜方法(一般):1)筆記試験(国、算) または 2) 筆記試験(国、算、社、理)、保護者同伴面接を選択

 

参考倍率:1.14倍

 

→ 北星学園女子中学高等学校

 

 

北嶺中学校

 

札幌市清田区

男子

定員120名

中高一貫

 

平均道コンSS68

 

選抜方法:筆記試験(国、算、社、理)

 

参考倍率:1.15倍

 

→ 北嶺中・高等学校 ? 学校法人希望学園

 

 

▲目次にもどる

 

 

藤女子中学校

 

札幌市北区

女子

定員160名

中高一貫

 

平均道コンSS53

 

選抜方法(一般):筆記試験(国、算、社、理)、面接(個人)

 

参考倍率:1.05倍

 

→ 藤女子中学校・高等学校

 

 

札幌日本大学中学校

 

北広島市

男女共学

定員105名

中高一貫

 

平均道コンSS58

 

スーパーアクティブコース 選抜方法(一般):筆記試験(国、算、社、理)

 

アクティブコース 選抜方法(一般):1)筆記試験(国、算、社、理)または、2)総合学力入学試験を選択(適性検査方式)

 

参考倍率:スーパーアクティブコース 2.82倍

アクティブコース 1.59倍

 

→ 札幌日本大学中学校・高等学校│トップページ

 

↓家庭教師のお問い合わせはこちら↓

 

▲目次にもどる

 

武修館中学校

 

釧路市

男女共学

定員40名

中高一貫

 

平均道コンSS53

 

選抜方法(推薦入試)→総合問題(国・算)+面接

(一般学力入試)→筆記試験(国・算)+面接

 

参考倍率:4.29倍

 

→ 釧路私立 武修館中学高等学校

 

 

立命館慶祥中学校

 

江別市

男女共学

定員180名

中高一貫

 

平均道コンSS53 一貫コース59 SPコース67

 

選抜方法(一般・個性・セミナー入試)→国・算・社・理+面接(受験生のみ集団面接)

(帰国入試)→国・算・社・理+面接(保護者同伴の個人面接)

 

参考倍率:1.97倍

 

→ 立命館慶祥中学校・高等学校

 

▲目次にもどる

 

双葉中学校
*2017年度以降の生徒募集はしていません。

 

小樽市

男女共学

 

→ 学校法人北海道龍谷学園|双葉中学校 双葉高等学校

 

 

函館・ラサール中学校

 

函館市

男女共学

定員120名(第1次・2次各60名)

中高一貫

 

平均道コンSS60

 

選抜方法(一般):1)筆記試験4教科(国、算、社、理)、または 2)3教科(国、算、理)を選択

 

参考倍率:1.6倍

 

→ 函館ラ・サール学園 トップページ

 

 

 

いずみの学校中等部

 

虻田郡

男女共学

小中一貫
※小中一貫のため中学入試なし

 

→ シュタイナー教育を実践する北海道のシュタイナー学校。

 

 

星槎もみじ中学校

 

厚別区

男女共学

 

平均道コンSS なし

 

→ http://seisa.ed.jp/momiji-jh/

 

▲目次にもどる

 

 

 

中学受験のメリット

 

中高一貫校について

 

中高一貫校または、高等部に内部進学できる中学校のメリットは、高校受験のロスを減らせることだと言われます。

 

「受験勉強に費やす時間を、高校の学習の先取りに充て、6年間で大学受験に向かっていく

確かにこれもメリットの一つかもしれません。

 

 

しかし、多くの中高一貫校では、大学入試のためにだけ時間を回しているのではありません。

 

 

 

理科の実験や社会の見学、英語のディスカッション、国語や数学のプレゼンテーションなどなど、

 

地区の公立中学校では、なかなかカリキュラムが組めないような貴重な体験,経験を授業の中で学ぶことが出来ます。

 

もちろん、将来の学力になるでしょう!

 

 

また、中3の夏休みに海外研修や大きなボランティア活動を予定している中学校も多いです。

 

14,15歳の多感な時期を受験勉強につぶされることなく、将来につながるような様々な経験ができることが中高一貫の大きなメリットですよね!

 

 

▲目次にもどる

 

私立中学校について

 

その一方で、徹底した学習指導,成績管理を行い、旧帝大や国立医学部を目指す私立中学校もあります。

 

 

北嶺中学校では、週6日制を続け、主要教科は6年間分の内容を5年間で終え、最後の1年間は大学受験対策に専念するカリキュラムです。

 

授業時間数を比べても、科目によっては公立中学校の2倍近くあるようです。

 

 

札幌大谷中学校の英数選抜コースも、始業前の朝学習、週3回の7時間授業、週4回の放課後講習など学習量を確保し、6年間で難関大学合格を目指します

 

特に英語は、中学3年間で高校の英文法をすべて学習し終えるそうです!

 

 

 

また、立命館慶祥中学校や札幌日大中学校などでは、系列大学への内部進学が有利にできることも私立中学校の特長です。

 

↓ホームティーチャーズの資料請求はコチラ↓

 

▲目次にもどる

 

中学受験の準備と対策

 

中学受験を決める前に

 

中学受験は、「親子でがんばる受験」です。

 

小学校受験のように、家庭でのしつけや育て方が問われすぎるわけではなく、かといって、高校や大学のように本人の意思と努力で合格が決まるわけでもありません。

 

 

親子それぞれが力を出し切ってこそ、志望中学校への合格が近づいていきます。

 

 

 

親が子どもに対して、「より良い環境で学んでほしい」と考えるのは自然なこと。

 

ですから、中学受験のキッカケは親が作るものです。

 

 

小学生のお子さまが、自らの意志で中学受験したいというケースはほとんどありません。

 

(あり得るのは、友だちや親戚が受験する(した)からといった外発的な理由)

 

いつ、どのタイミングで中学受験を決意するのかはご家庭によると思いますが、必ず親子でしっかり話し合ってから決めて下さい

 

 

 

保護者が中学受験をするメリットとデメリットについてよく調べ、とことん話し合ってから決めましょう。

 

受験せずに地元の公立中学校へ進むことにもメリットはあります。

 

 

いずれにしても、中学受験は親子で一緒にがんばる受験です。

 

親の独りよがりだけでは、中学受験は成功しません。

 

 

▲目次にもどる

 

合格までの道のり

 

親子で中学受験を決めたら、準備と対策を考えなければなりません。

 

 

進学塾や家庭教師を利用せず、家庭学習のみで中学受験をすることも可能です。

 

しかし、どんなにやる気があって、地頭の良いお子さまでも、一人だけでは力をつけることが出来ません!

 

(ここが中学受験と高校,大学入試との違いです)

 

 

 

保護者が入試内容を調べ、過去問を分析し、受験勉強のカリキュラムや学習計画を立てて、進捗をチェックしてあげる必要があります。

 

具体的には、

 

・現時点での問題点の把握

 

・合格のために克服する必要があるのかどうか

 

・いつまでに克服できれば良いのか

 

・克服方法をスモールステップに分ける

 

・毎日の勉強計画に割り当てる

 

といったことを保護者が担当してあげる必要があります。

 

 

この分担が難しいようであれば、6年生からは学習塾や家庭教師を利用した方が賢明でしょう。

 

 

 

一般的には、小学校4年生から進学塾に通わせるご家庭が多いようです。

 

また、6年生から、追い込みとして家庭教師を利用されるご家庭が年々増えています。

 

▲目次にもどる

 

 

保護者の役割

 

学習面を塾や家庭教師にまかせた場合、親や保護者の役割とは何でしょうか?

 

 

最大の役割は、心と体を支えてあげることです。

 

 

 

通常の小学校の授業に加えて、受験勉強もがんばるというストレスは大人の想像以上。

 

「がんばっているね」「偉いね」とねぎらいの声をかけてあげたり、学校や塾での出来事をゆっくり聞いてあげることだけでもストレス解消になります。

 

 

模試や成績が下がってしまったときも、お子さんの変化に目や耳を向け、プロセスをホメてあげたり、一緒に悩んであげることで、「親も一緒に戦っているよ」ということを伝えましょう!

 

もちろん、食事や睡眠など健康状態の管理も保護者の役割です。

 

 

▲目次にもどる

 

家庭教師にできること

 

 

中学受験生がホームティーチャーズの家庭教師を利用されるケースで多いのは、

 

・進学塾のフォロー

 

・苦手箇所の重点指導

 

です。

 

 

 

進学塾のフォロー

 

やはり、中学受験対応の進学塾では集まってくる生徒のレベルが高いため、授業もハイレベル・ハイスピードです。

 

成績によってクラス分けがあるので、クラスが落ちてしまえば、さらにライバルとの差が広がってしまいます。

 

 

家庭教師を利用して、塾の授業の復習や模試対策をしてほしいというご要望が増えています。

 

 

▲目次にもどる

 

苦手教科,分野の克服

 

国語の記述問題、算数の応用問題など、自分の苦手箇所を集中してトレーニングしてほしいというご要望も多いです。

 

苦手なところほど、1:1の家庭教師であれば、ゆっくりと解説でき、受験生も遠慮なく質問できます。

 

生徒さんの理解度に合わせて、先に進む・前に戻るという選択ができるので、苦手克服に最適です。

 

 

▲目次にもどる

 

知識から得点力へ

 

中学受験の入試問題では、小学校の授業でとても扱わないような知識を必要とします。

 

ですから、進学塾に通い、必要な知識を増やし、入試問題に対応する必要があります。

 

 

一方、知識を増やすだけの受験勉強では、成績は頭打ちになります。

 

問題を解くため、得点を取るための、発想力や応用力が不足している状態です。

 

 

 

こういった受験生には、考え方や解き方の添削がリアルタイムでできる家庭教師がおすすめです!

 

お子さまが今考えていることを、その場で家庭教師が理解し、

 

「こういう考え方もあるよ」

 

「ここに注目するといいよ」

 

「こっちから取りかかると解けるよ」

 

その場でアドバイスすることで、発想や応用の力が養われます。

 

 

▲目次にもどる

 

無料カウンセリング

 

 

受験生一人ひとりの悩みや課題に対して、家庭教師がどういった解決方法を提案できるか、まずは無料での親子カウンセリングを実施しております。

 

 

 

入会の有無に関わらず、受験勉強のヒントにしていただけるようなアドバイスが可能です♪

 

中学受験のお悩みは、ぜひホームティーチャーズにご相談下さい!

 

 

カウンセリングのお問い合わせ・お申し込みは、

 

資料請求はこちら
→ お問い合わせ・資料請求

 

 

カテゴリーリスト